知ってるとちょっと得することが世の中には沢山あるらしい。

最近「医療費控除」っていうのを知ったので、メモがわりに共有しておきます。
主に自分と旦那さん用。
たぶんけっこう知ってる人いるし。
でもこういうのシリーズにしてちょっとずつ書きためられるといいなぁ。

※ぐぐって出てきた情報だけなので、間違ってることもあるかも。



医療費控除ってそもそも何ぞ


「生命保険料控除」なんかは、会社で毎年提出しなきゃいけない年末調整てきなやつでやるので知ってたんだけど、この「医療費控除」っていうのは確定申告で手続きするみたい。

んで、この「医療費控除」ってのは、要は
医療費いっぱい払った人は大変だろうからその分税金控除したげるね!
ということ(だと思う)。

1/1~12/31の1年間の医療費が対象になるので、
とりあえず医療費を払ったら領収書を全部とっておくといい
と思う。

最終的に対象金額にならなかったらそれはそれでいいし、なったら申請しないよりするほうがお得だよね。


いくら以上が対象になるの?


目安としては10万円以上です。
10万を超えた分が控除の対象になるという感じ。

対象となる金額の具体的な計算方法は下記のとおり。
実際に払った金額 - 生命保険などで補填された金額 - 10万円


ちなみに生命保険だけじゃなくて、高額療養費とか出産一時金なんかも「補填」に含まれるらしい。


「え、年間10万も使ってないと思うんだけど…」と思う方もいると思う。
というかほとんどそうじゃないかなと思う。
なので、ここでいうところの「医療費」について以下にまとめてみた。
これだったらもしかして10万以上払ってるかも…という人が出てくると思う。


対象となる「医療費」


普通に病院にかかったときの「診察費」だとか処方された薬の代金だとか、そういうのはもちろん含まれる。
なので、主にそれ以外でどんなものがあるのかを書いていこうと思う。
だいたい同世代くらいに適応されるものしか書かないので、介護とかそっち系はよくわからない。申し訳ない。

・歯の治療費(自由診察のぶんはダメ)
   ※訂正。
   自由診察のぶん=審美歯科治療という認識で書いていたのですが、
   実は審美歯科治療の費用も対象らしいです。
   もうこんなん10万とか余裕で超えるやん!
   参考:審美歯科ネット http://www.shinbi-shika.net/deduction-shinbi/

・妊娠してからの定期健診
・出産にともなう入院(だいたい保険とか一時金とかでるので計算注意)
・通院のための交通費(公共交通機関じゃないとダメ。でも出産で入院するときにタクシー使うのはOK)
・鍼灸、柔道整復術での施術費(マッサージとか保険のきかない整体はダメ)
・入院時の付添料
・薬局で市販の風邪薬といった「病気治療のための薬」の購入費

だいたいこんな感じ。
介護系含めるともっとあるみたい。

個人的には、市販薬とか通院費とかが対象になるのにびっくりした。
通院費とかは領収書でないから、家計簿に書くとかそういう感じできちんとメモしておけばいいらしいよ。ざっくりしすぎやろ。

詳しくはここに書いてあるので、もし「これは対象になるのかな~」とか迷ったら見るといいと思う。
■ 医療費控除の対象となる医療費
 http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1122.htm


既婚者の方へ


ここからが実はいちばん「知って驚いた」こと。

こういう「なんとか控除」みたいのって「給与所得者ごと」だと思ってたんだけど(いやほとんどそうだと思うんだけど)
医療費控除の対象となる医療費って
自己又は自己と生計を一にする配偶者やその他の親族のために支払った医療費
だそうで。

要は、
共働きの夫婦でも、どちらかにまとめることができる
ということ。

例えば、共働きのAさん夫妻が居たとしよう。
1年間でA夫さんにかかった医療費が5万円、A妻さんにかかった医療費が8万円で、かつ生命保険などの支払いの対象にならなかった場合、ひとりずつだと控除の対象にならないけど、二人合わせると13万だから控除の対象になるということ。
旦那さんが奥さんの分の医療費を(あるいはその逆でも)払っていればまとめられるんだけど、「医療費」は「家族の財布」から出すってことにしておけば大丈夫みたい。

国税庁のサイトにそう書いてあったからあってるはず。
http://www.nta.go.jp/shiraberu/zeiho-kaishaku/shitsugi/shotoku/05/25.htm





というわけで、どちらかというと既婚者さん向けの「医療費控除」まとめでした。
どなたかの参考になれば幸いです。