みなさまごきげんよう。
今津です。

8/20-22 に開催された YAPC::Asia Tokyo 2015 で運営やってきた話。です。

とは言え別に書くことあんまり無いんだよなー。
担当は受付周りだったんだけど、なんか受付担当のボランティアスタッフさんがとても優秀だったので、わりと暇だった記憶があります。

なのでまぁ、簡単に感想でも。



受付とかノベルティとか


受付周りとノベルティ詰めを担当?してたんですけど、ほんとに今年は受付周りのスタッフさんが優秀で、なんの問題もなく終わったというか、私が出る幕が全然なくてぼーっとしてました。

受付の様子
受付の様子


一点気になったところで言うと、初めてのボランティアスタッフ参加だった方が多かったのか、見たいセッションをもっと遠慮なく言って欲しかったかなぁというのがあります。
問題点はそれくらい。

受付は全然関係ないんだけど、朝早かったのがすごい辛かった。
できたら10時間くらい寝たいマンの今津は、4-5時間しか寝れないと体調を崩します。

というわけでみなさまお疲れ様でした!


同窓会感あるよね


懇親会のときにちょっとしんみりしてしまったのだけど、YAPC::Asia って同窓会感がすごくて、 YAPC::Asia に行けば年に数えるほどしか会わないひとと会えるっていうのがあって。
それが来年からなくなるから、どうしようねー?って話をしたりしました。

私はエンジニアではないので、下手すると今後一生会わないひととか居そう。

あとは、初めて YAPC::Asia に参加した経緯とかをみんなで話して懐かしがったり。
去年まではそんな話ほとんどしなかったので、なんか不思議な感じはしました。

ちょっと話が逸れるけど、懇親会でなんやかんやあって『エンジニアじゃないからよくわかんないけど、ほげほげさんはすごいひとなんだと思う(なんとなく名前を隠しておいた)』って話をしてたら『そういうのは判断できるようになってから言ってほしい』って言われた。
旦那さんに対しても『エンジニアでも無ければ一緒に働いたこともないので、旦那さんがどれくらいすごいのか全くわからないんだけど、たぶんものすごくデキるひとなんだと思う』って思ってるんだけど、これはもしかして失礼に当たるんじゃろうか、と懇親会以降、気にしている。
まぁ、うちの旦那さんは料理もうまいし性格もほとんど怒ったりしないし頭もいいし、仕事とか関係なく素晴らしい旦那さんなんだけど、たぶん仕事もできるから余計すごいよね。たぶんね。

だいぶ脱線したね。


スタッフのみなさまへ


で、いくつかスタッフの行動で気になったことがあったので書いていきます。
これはきっと YAPC::Asia 以外でも同じ感じでいいと思うの。

まず、上にも書いたけど、せっかくボランティアスタッフやるんだから、自分の見たいセッションとかあったら遠慮しないでいいと思います。むしろどんどん共有して、お互い『自分はこの時間見に行くから次の時間はどうぞ』とか、そういうコミュニケーションをとったほうが良いです。

あと、懇親会でスタッフだけで固まるの良くないと思っていて。
というのも、別に見た目に良くないとかじゃなくて、少なくとも全ての参加者に『スタッフという肩書』が認識されてるんだから、もっといろんな参加者のひと、特に『自分が話してみたいと思ってたひと』にどんどん話しかけていかないともったいないと思います。
スタッフっていう立場を最大限利用してほしい。と思いました。


おわりに


全体的に脈絡がない感じになってしまったのだけど、なんか楽しかったのでいいかなって感じです。
コアスタッフ・当日スタッフのみなさまお疲れ様でしたー。後日の打ち上げ、楽しみにしてます。

YAPC::Asia で私と関わってくれたみなさま、またどこかで会えるといいですね。



それでは。